リフォーム

将来を考えると二階より一階

階段の上り下り一人でできなくなるという現実

リフォームを考える時、何年後の自分を見据えておく必要があるのだろうか?
講談社の「マネー現代」9月2日の記事は、実例であるだけに身につまされます。二世帯住宅の二階に住んでいた親世帯は、時を経てデイサービスを利用することになります。
老化が刻々と進み、状況が一変。これが現実・・

デイサービスに送り出すためには2階から支えてもらいながら、階段を下りなければいけません。当然、帰ってきた時は逆に二階まで運び上げる必要があります。時田さんは元々恰幅が良かったのですが、運動不足で体重が増えで、この時点で80kgオーバーになっていました。デイサービス業者は、女性職員が多いのですが、時田さんの送迎には毎回2人の男性職員を派遣しなければいけない状態になっていたのです。

半年間はなんとか対応してくれていましたが、デイサービス業者から突然契約を解除して欲しいと連絡が来ました。(マネー現代の記事より)