リフォーム

ヘーベルハウスのキュービックは軽量鉄骨だから

図面に残った筋交いは外せません

リフォームは当たりまえですが新築とは違い、鉄骨と外壁は既にできています。一階のリフォームプランをあれこれ考えるのに、その図面が必要です。
ヘーベルの営業さんが、玄関・トイレ・風呂はそのままで、それ以外をほぼスケルトンにした一階の図面をメールで送ってくれました。

我が家は重量鉄骨ではありません。軽量鉄骨造のキュービックです。
これは一階の図面の一部です。
階段を除いても、この中だけでも4か所も動かせない筋交いがあります。


この筋交い(ブレース)を、むき出しのペイント仕上げにするか。それとも壁にするのか。いずれにしても、間取りを考える上でネックになります。ヘーベルさんが、CMで言ってました。「考えよう、答えはある」と。
リフォームで重要となる「安全・安心・快適の3点」を肝に銘じて、間取りプラン作りに取りかかろうと思います。