身になる

羽毛布団と毛布 どっちが上?

毛布

羽毛布団と毛布、どちらを上にかけますか?

私は、冬になると「羽毛布団」と「毛布」の2枚を掛けていました。
この2枚を掛ける順番は、羽毛布団を使うようになってからずっと「毛布」を下。
「羽毛布団」が上でした。
毛布を下にした理由は簡単で、「毛布」の肌触りの暖かさ。それが「羽毛布団」を
大きく上回っていたからです。

しかしながら、一般的には、羽毛布団と接するようにして寝た方が、布団の中が
温かくなると言われているそうです。
さらに、裏技があるとのこと!
「毛布」を体の下に敷き、体の上に「羽毛布団」をかけると、体から放出される
熱が下に敷いた「毛布」でも受け止められるため、保温効果が上がるそうです。

私の冬は、例年ニトリのあったか敷き毛布を使っていましたが、この記事を読んでからは今まで、掛けていた毛布をニトリの敷き毛布の上に重ねて敷くようにしています。
もちろん、とっても暖かくて寝付きも良くなったと思います。

「毛布」を敷き、その上に寝て、「羽毛布団」を上に掛ける

足の冷えが気になる人には靴下ではなくレッグウォーマーがお勧め
→靴下で足を覆ってしまうと、寝ている間の体温調整がしにくくなるとのこと