MENU

給湯器がピンチ!=リフォームもピンチ

風呂・床暖房に給湯ができない・・

「コロナの影響で、給湯器の納品に時間を要しており・・」で始まるメールが、営業さんからきました。
内容は、リフォーム工事が完了しても、給湯器の納品が遅れていて、風呂・床暖房に給湯ができないとのこと。ちょっと待って・・給湯のテストもせずに、リフォーム工事完了。引き渡しますは、いくらコロナ禍とはいえご無体な・

以下のNHKのニュースの中には、「メーカーに注文しても5か月待ち」など給湯器の確保をめぐる悲鳴がSNS上に溢れていることが伝えられています。水道工事店への取材では、給湯器や自動水栓などの修理依頼があっても部品が手に入らず、仕事にならない状況が事細かに伝えられています。

給湯器の納品に遅れ出ている理由は、新型コロナによる世界的な半導体不足です。
パソコン・ゲーム機・Webカメラなどが巣ごもり需要で増えたにも関わらず、半導体工場が多いアジアの国々では操業停止。
家電・電子楽器などにも影響がでてきています。


もっと早くリフォーム工事をしておけばと、悔やんで仕方ありません。
これから一階の解体が始まろうとしています。工程表に則り工事は、着々と進んでいくと思われます。しかし、給湯器が無ければ・・工事が完成しても寒い冬にお湯が出なければ、風呂に入ることもできません。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる